--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-10-08

VH Screen Capture Driver と スティッカム

といっても自力で試行錯誤しただけなので
間違った実装の仕方してるかもですが、、、まぁ一応w

正直言って、メニカムの方が実装楽です。が
機能的にはVHの方が格段と↑ですね。
とにかくぬるぬる配信ができます!

まず、前提条件。Adobe Flash Playerを最新のやつに更新。
http://get.adobe.com/jp/flashplayer/

本体
http://hmelyoff.lgg.ru/download/VHSC_inst.exe

インスコで気をつけることは別段ないので割愛。


setumei2.jpg
普通にインストールすると、スタート>すべてのプログラム>Hmelyoff Labsに登録されてるはず
スティッカムに関係があるのはこの↑図のConfigだけ。

ここまで出来たらスティッカムにログインしてまず設定する為にライブ開始する。
注:インストール時からブラウザを立ち上げたままの場合、一度ブラウザを閉じないとダメ

setumei3.jpg
ライブ開始したら、画面が映し出される部分を右クリック>設定>カメラとマイクに接続を許可する
↑みたいな□が出たら、カメラマークの右のアイコンをクリックしてカメラタブへ
カメラタブの選択部分で↑図の通りVHScrCapを選択する。
もしVHScrCapが出てなかったらブラウザを一度全部閉じて開きなおす。
※右クリックしても設定が出ない場合、↑に戻りAdobe Flash Playerを最新の物へ更新する。

選択できたら画面にテキトーにキャプチャーが開始しているはずなので設定へ

先ほど一番初めに説明した図のConfigを起動する
場所はスタート>すべてのプログラム>Hmelyoff Labs>VHScrCap>Config
setumei4.jpg
ライブがきちんと継続していると緑線のようにどれかしらに(active)が付いてるはず。
(active)がついてるものを選択してSelectボタンをクリック

ココからは設定画面。

setumei5.jpg
最低限やるべきこと、初期状態から↑図の緑線の部分のチェックボックスをいじる。

Frame rate:キャプチャ画面更新速度 アタイを上げるほどにぬるぬるに。低スペックCPUは火を吹く。20F前後で十分。

setumei6.jpg
写したい画面の範囲選択はこっちのタブ。

Selectで写したい部分を選択する。範囲を選択せずSelectするとスクリーン選択にもなる。

Left:キャプチャ開始地点のX軸座標
Top:~のY軸座標
Width:キャプチャ部分のX軸幅
Height:~のY軸幅
Track window:デスクトップ全部選択
Track screen:スクリーン選択
Show frame:キャプチャ部分を枠で表示してくれる


案外覚えること少ないのでインスコ~画面に映ればなんとかなるはず。
スポンサーサイト
プロフィール

折羽(オルファ)

Author:折羽(オルファ)
HN:オルファー(折羽)
サークル名:FeatherBreaker

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。